英語における未来時を表す進行形の意味 (船山良一先生 定年退任記念号)  [in Japanese] The Meanings of the English Progressive with Future Reference  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

要旨:英語には未来時を表すための様々な表現手段があり、それぞれの形式の意味には未来時に対する異なる捉え方が含まれている。本稿では特に、begoing to、現在進行形、未来進行形という、進行形(be-ing) を含む未来指示の形式を取り上げ、まず、各々の形式の意味を記述文法的な視点から説明した。さらに、各々の形式と意味が結びついている理由(動機づけ)を認知文法的な視点から考察し、各々の形式の意味は、それらの形式を構成している動詞go、進行形、法助動詞willの意味に動機づけられていることを示した。 キーワード:未来時、認知、begoing to、現在進行形、未来進行形

Journal

  • 山形県立米沢女子短期大学紀要

    山形県立米沢女子短期大学紀要 (48), 19-30, 2012-12

    山形県立米沢女子短期大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005893166
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00242867
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0288-0725
  • NDL Article ID
    024619926
  • NDL Call No.
    Z22-512
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top