くずし字による古典教育の試み : 日本近世文学会による出前授業  [in Japanese] Trial on the Education of Japanese Classics Kuzushiji (Hentaigana and cursive script)  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

日本近世文学会の「出前授業」の一環として、同学会から2名の研究者を講師に迎え、中学1年生を対象に、くずし字で書かれた江戸時代の「桃太郎」を読むという特別授業を協同で実施した。本稿は、その実践報告である。適切な教材を用意することで、くずし字の解読が、古典への関心・意欲を喚起するのに有効な方法になり得ることがわかった。教科研究・特別研究 Research of Subject

Journal

  • 名古屋大学教育学部附属中高等学校紀要

    名古屋大学教育学部附属中高等学校紀要 (61), 134-142, 2016-12-01

    名古屋大学教育学部附属中・高等学校

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005895255
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0387-4761
  • Data Source
    IR 
Page Top