スコットランドにおける分離独立住民投票 : アイルランドの分離独立とケベックにおける分離独立住民投票との比較の視点から  [in Japanese] Scottish Independence Referendum in Comparative Perspective : Similarities and Differences with Irish Independence and Quebec Independence Referendums  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は,2014年9月18日のスコットランド分離独立住民投票の事例を取り上げて,20世紀初頭にイギリスから事実上,分離独立を遂げることになったアイルランドの事例,そして,20世紀末に二度にわたって分離独立住民投票の経験を持つことになったカナダのケベックの事例との比較検討を行っている。そのうえで,第二次世界大戦後の先進国において必ずしも珍しい存在ではない分離独立運動が,その究極的な目標である独立達成に向けて直面することになるいくつかの困難の特質を明らかにしている。論説(Article)

Journal

  • 同志社法学

    同志社法学 66(4), 937-983, 2014-11

    The Doshisha Law Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005895500
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00165970
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-7612
  • NDL Article ID
    025968575
  • NDL Call No.
    Z2-3
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top