新京動植物園考 Consideration of the Xinjing Zoo & Botanical Gardens (Shinkyo Doshokubutsuen)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

新京動植物園は、満洲国の首都新京特別市にあった。上野動物園園長古賀忠道の指導のもと1938年に着工され、仙台動物園園長を辞した中俣充志が園長に就いた。広大な敷地に設けられた同園は、動物園と植物園の総合という分類学展示から生態学展示への転換、動物展示における無柵放養式の全面的採用、動物の北方馴化、教育と研究の主導と娯楽の後退、産業への応用など、斬新なテーマを多くもりこんで計画された。指導に際し古賀が「あまり日本の動物園のまねはしないで下さい」と主張したのに即せば、同園は〈日本ならざる未来〉であったと言える。無柵放養式と北方馴化はドイツのハーゲンベック動物園をモデルとしており、狭義には〈極東のハーゲンベック〉を目指したと言うこともできるだろう。同園は完成することなく1945年に終焉するが、北方馴化のテーマは北海道の動物園へ、無柵放養式のテーマは多摩動物公園での本格的採用へと、それぞれ継続した。

収録刊行物

  • 千葉大学人文社会科学研究

    千葉大学人文社会科学研究 (18), 15-25, 2009-03

    千葉大学大学院人文社会科学研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005927410
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12170670
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18834744
  • NDL 記事登録ID
    10277070
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-B269
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ