中学生の第一言語と第二言語における"語彙-概念リンク"の発達  [in Japanese] Development of "lexicon-concept link" in the first language and second language in junior high school students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

日本の中学校1年生と3年生の生徒を対象とし、"語彙.概念リンク"の発達について"match/mismatch法"を用いて検討した。概念を示すイメージと、語彙としてひらがな、英語のいずれかで書かれた単語文字とをパソコンディスプレイに同時に表示してから、イメージの意味と単語文字の意味の一致、不一致を判断するまでの反応時間を測定した。中学1年生の反応時間と比較し、中学3年生ではひらがな・英語試行ともに反応時間が有意に短くなっていた。この反応時間の促進は"revised hierarchical model"(改訂階層モデル)での、第二言語の学習効果を反映していると想定される。

Journal

  • Studies on humanities and social sciences of Chiba University

    Studies on humanities and social sciences of Chiba University (20), 264-272, 2010-03

    千葉大学大学院人文社会科学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005928996
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12170670
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18834744
  • NDL Article ID
    10652048
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top