地域で育つ・地域を創る「乳幼児教育におけるESD」 : 日本の保育における継承と創造を目指して  [in Japanese] ESD in Early Childhood Education caries on the Culture Regionally : For the Succession and Creation of Japanese Local Culture in Early Childhood Japanese Education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究は日本の乳幼児教育におけるESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)のあり方を探ることを目的とした。方法は先駆的な事例(理論的サンプリング)を収集し検討を行った。検討のポイントは「ESDと自然環境」「ESDと文化・伝統・人」である。その結果,乳幼児教育におけるESDには,自然,いのち,文化の継承,地域が大きく関与していることが明らかとなった。さらに,この地域の中でESDを展開するためには,それを結ぶ「人」が重要なファクターであることが分かった。

The purpose of this study is examine the position of the ESD(Education for Sustainable Development)in theearly in the early childhood education of Japan.Three examples(theoretical sampling)were used to examine"ESD and natural environments","ESD and culture","Tradition and people".This study has clarified that the ESD in the early years is related to the nature, life, culture, and local community.Also, it was found that the talents are the most important to develop the Education for Sustainable Developmentin the local community

Journal

  • 千葉大学教育学部研究紀要

    千葉大学教育学部研究紀要 62, 155-162, 2014-03

    千葉大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005940118
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11868267
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-2084
  • NDL Article ID
    025542465
  • NDL Call No.
    Z22-372
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top