ビワ葉水抽出物による脂肪細胞分化促進作用 Water extract of Eriobotrya japonica enhances adipocyte differentiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

肥満は,糖尿病や高脂血症,高血圧,動脈硬化症などのメタボリックシンドロームと呼ばれる病態の主要なリスクファクターとなっている.肥満が進行すると脂肪細胞が肥大化し,メタボリックシンドロームの原因となる各種アディポサイトカインが分泌される.一方,脂肪細胞分化のマスターレギュレーターとして知られるperoxisome proliferator-activatedreceptor γ( PPARγ)の活性化成分は脂肪細胞分化を促進し,インスリン感受性の良い小型の脂肪細胞を増加させるため,メタボリックシンドロームの抑制作用を有する.本試験の結果より,ビワ(Eriobotrya japonica L.)葉の水抽出物が濃度依存的にPPARγ転写活性を上昇させるとともに,3T3-L1前駆脂肪細胞の分化を促進することが明らかとなった.このことより,ビワ葉中には水溶性のPPARγ活性化成分が含まれ,それが脂肪細胞分化の促進作用を示すことが示唆された.Obesity is a major risk factor for diabetes, hyperlipidemia, hypertension, and atherosclerosis, so-called metabolicsyndrome. Hypertrophied adipocytes, which increase as the progression of obesity, secrete various adipokinesleading to metabolic syndrome. Agonists of peroxisome proliferator-activated receptorγ (PPARγ), the masterregulator of adipocyte differentiation, increase the number of small-sized adipocytes with high insulin sensitivity;therefore, they suppress metabolic syndrome. In the present study, water extract of the leaves of Eriobotryajaponica dose-dependently enhanced both PPARγ transactivation and 3T3-L1 preadipocyte differentiation. Theseresults suggest that the leaves of Eriobotrya japonica contain hydrophilic PPARγ agonists which may promoteadipocyte differentiation.

収録刊行物

  • 食と緑の科学

    食と緑の科学 69, 11-15, 2015-03-31

    千葉大学大学院園芸学研究科

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005940665
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12123127
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1880-8824
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ