広島県太田川下流域におけるカジカ中卵型Cottus sp.(middle-egg type)の回遊履歴の推定  [in Japanese] The migratory histories of the Cottus sp. (middle-egg type) in the Ota River  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

広島県太田川下流の高瀬堰周辺で採集されたカジカ中卵型の回遊性を,耳石Sr:Ca比分析によって確認した。高瀬堰周辺で採集した24個体の耳石Sr:Ca比は発育初期に高く,成長に従って減少した。よって,これらの個体は回遊型であると断定できた。一方,高瀬堰の上流に生息していた1個体は陸封型であった。カジカ中卵型は,回遊パターンに対して柔軟性を有することで環境に適応していると考えられた。

The migratory histories of Cottus sp. (middle-egg type) were insighted from ontogenetic changes in otolith Sr:Ca ratios. We sampled 25 fish in the upstream and downstream of the Takase Weir in the Ota River. Twenty-four fish were categorized as amphidromous form whereas one individual caught in the upstream, showed landlocked life mode. Intraspecific variations in the migration pattern recorded for Cottus sp. (middle-egg type) suggest a plasticity strategy for diadromous behaviors.

Journal

  • 生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要

    生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 54, 7-12, 2015

    広島大学大学院生物圏科学研究科

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005941307
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11768091
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-1371
  • NDL Article ID
    027185964
  • NDL Call No.
    Z18-199
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top