コクチバスに寄生していたヤマトニセエラジラミ The ergasilid copepod Neoergasilus japonicus infecting smallmouth bass Micropterus dolomieu in central Japan

Access this Article

Search this Article

Abstract

長野県信濃町にある針ノ木池で採集したコクチバスMicropterus dolomieuの鰭と体表にヤマトニセエラジラミNeoergasilus japonicus (Harada,1930)の雌成体が寄生していた。これは,わが国に移入・定着したコクチバスにヤマトニセエラジラミが寄生した初記録である。本種は長野県からは初記録であり,日本産コクチバスから見出された3種目の寄生虫になる。

Part of this work received financial support from the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS KAKENHI Grant Number 15K07527 to K.N.).

Journal

  • Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University

    Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University 54, 65-69, 2015

    広島大学大学院生物圏科学研究科

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005941314
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11768091
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-1371
  • NDL Article ID
    027186127
  • NDL Call No.
    Z18-199
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top