イメージ型POP広告は購買行動を促進するか? : 大学祭模擬店・非計画購買場面での検討 Can Image Type POP Advertising Stimulate Consumer Behavior? : A Field Experiment at a University Campus Festival

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大学祭の模擬店で、 消費者行動のフィールド実験を実施した。 出店時にイメージ型 POP 広告を掲示し、 それが非計画購買者の購買行動を促進するかを検証した。 なお、 店頭にはメニュー表を掲げて、 4種類のメニューを用意してあることを示した。 そのうちの一部メニューでは自作の POP 広告を掲示し、 残りのメニューの POP 広告は掲示しなかった。 2日間にわたって食品を販売し、 その売り上げ本数を比較したところ、 イメージ型 POP 広告を掲示したメニューの方が、 掲示しなかったメニューよりも売り上げが多いことが示された。

収録刊行物

  • 経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部研究紀要

    経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部研究紀要 29(1), 13-19, 2016-12

    静岡県立大学経営情報学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005994925
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10118525
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0918-8215
  • NDL 記事登録ID
    027846929
  • NDL 請求記号
    Z7-3446
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ