小規模橋梁を対象とした住民参加型橋梁点検システムの構築  [in Japanese] Development of System for Citizen-based Inspection and Reporting for Small Scale Bridges  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

大量の橋梁群の更新時期が迫っている.橋梁の寿命は約50年であり,国土交通省の発表では,2031年には日本国内の53%の橋梁が高齢化を迎える.橋梁のアセットマネジメントには,日常の基本的な点検データの把握が重要であるが,財政難の問題に加えて,点検担当技術者の不足により現状把握ができていない橋梁も多く,特に市町村管理下にある小型橋梁において,老朽化対策が間に合わない可能性が出ている.本研究では,住民と行政が協力して地域課題を解決するガバメント2.0の動きに着目し,情報通信技術と携帯端末を利用した「小規模橋梁を対象にした住民参加型橋梁点検システム」を提案する.橋梁の損傷の早期発見を図るための「通常点検」に関して,本研究で開発したAndroidアプリケーションを用いることで,専門知識を持たない地域住民による点検の実施と維持管理支援に足るデータの収集が可能であることを示す.また,点検データの蓄積・共有を容易にし,用紙への記入では難しい検索・比較・画像閲覧などを一元的な形で可能にする.構築したシステムは,改善を目指してヒアリング調査を行い,より適切なシステム構築研究に対するフィードバックとしている.また,住民による橋梁点検が可能になることにより,公共構造物に対する意識の変化に役立つものとする.

Journal

  • 情報学

    情報学 11(1), 60-76, 2014

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006003076
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12756917
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1349-4511
  • Data Source
    IR 
Page Top