都市部落における住宅要求闘争と入居選考プロセス  [in Japanese] Struggles Concerning New Housing Projects and the Occupant Selection Process in a Segregated Urban Community  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1. はじめに : 被差別部落の戦後から今日にかけての大きな変容過程のなかで、最も大きなインパクトをもたらしたのは住宅建設である。それによって部落の景観も大きく変わり、住民の生活のありようも大きく変化した。同和対策特別措置法(1969年)以前の、部落における公営住宅の建設は、行政の主導によるというよりは、部落の住民による住宅要求闘争の結果、勝ち取られたものであった。……

Journal

  • 人権問題研究

    人権問題研究 (14), 55-79, 2014

    大阪市立大学人権問題研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006003221
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11571246
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-454X
  • NDL Article ID
    026389844
  • NDL Call No.
    Z71-F597
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top