無住と持経者伝 : 『法華経顕応録』享受・補遺  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめに : 無住が最晩年の著作『雑談集』において、日本での享受の形跡がほとんど認められない稀覯書、南宋の宗暁撰『法華経顕応録』の説話を出典と仰いでいる事実については、すでに前稿で指摘した。だが、その後、無住が一見他書に基づいているかにみせて、実は『法華経顕応録』を参照している可能性が高いと推定される事例がさらに存在することに気付いた。本稿では、前稿の補訂も兼ね、無住の『法華経顕応録』享受の具体相をさらに明らかにしたいと考える。

Journal

  • 文学史研究

    文学史研究 (55), 53-62, 2015-03

    大阪市立大学国語国文学研究室

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006007092
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00221255
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0389-9772
  • NDL Article ID
    026346865
  • NDL Call No.
    Z13-1139
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top