連体節と連体「の」との対応  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一 はじめに : 連体修飾構造は、その主要な部分が、連体節によるものと連体助詞「の」によるものとによって占められるが、両者は別々に論じられることが多い。これらを統合して論じるのが望ましいことは言うまでもないが、連体「の」の研究が不十分にしか進んでいない現状では、全体的な考察をすることは難しい。本稿は、連体節の「内の関係」と、「外の関係」の「内容補充」と「相対補充」という三者に、それぞれに大まかに対応する連体「の」を加えることで、この三者の性格付けや分類法を検討するという方法を取り、ある程度の統合的な考察をめざす。

Journal

  • 文学史研究

    文学史研究 (51), 44-58, 2011-03

    大阪市立大学国語国文学研究室

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006007109
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00221255
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    03899772
  • NDL Article ID
    11067879
  • NDL Source Classification
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学) // ZK21(言語・文学)
  • NDL Call No.
    Z13-1139
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top