ソーシャルワークの普遍性と専門性--人材養成教育の動向からソーシャルワーカーの機能とその専門職性を探る  [in Japanese] Two aspects of social work: generality and specialty: on the function of social workers and their profession from the view of manpower education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿ではソーシャルワークは果たして専門職か,という古典的な疑問を軸に専門職ソーシャルワークの成立過程を概観し,その過程で現れる矛盾を捉えながら根本的な課題を提示してみようとするものである。専門職として成立したソーシャルワーカーの養成教育,特にソーシャルワークの定義にある「相談業務」と「連携」業務を担う背景を検証し,袋小路にあるソーシャルワーカーに求められる機能を問い,そしてそのための体系的な教育カリキュラムの必要性を述べている。

Journal

  • Journal of Nagoya Gakuin University Social sciences

    Journal of Nagoya Gakuin University Social sciences 47(1), 105-124, 2010

    名古屋学院大学総合研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006009814
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00179487
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03850048
  • NDL Article ID
    10806288
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL Call No.
    Z6-622
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top