中間型砂浜海岸,土井ヶ浜のnearshore zoneにみられる魚類相 Nearshore ichthyofauna in the intermediate sandy beach, Doigahama Beach, Yamaguchi Prefecture, Japan

Access this Article

Search this Article

Abstract

中間型で千潮台またはリッジ/ラネルが出現するモルフォダイナミックス状態を示す山口県豊北町土井ヶ浜のnearshore zoneにおける魚類相を明らかにした。大きさと目合いが異なる2種類の調査用地曳き網を用い、昼夜、潮汐を通して採集を行った。1994年5月から2000年11月までの調査期間中に、62科112種以上、20401個体の魚類が採集された。採集された魚類の発育段階は仔魚期から成魚期に亘り、ボラ、ヒラスズキ、シロギス、ヒラメ、クロウシノシタ、クサフグは土井ヶ浜のnearshore zoneの居住者種であると考えられた。

Journal

  • Journal of National Fisheries University

    Journal of National Fisheries University 52(1), 11-29, 2004-01

    水産大学校

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006016752
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00124678
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03709361
  • NDL Article ID
    7157654
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-509
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top