最近のサイスミック・マイクロゾーニングに関わる諸問題  [in Japanese] Some problems concerned with seismic microzoning in recent years  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

最近の地震被害想定で採られているメッシュマップを使用したサイスミック・マイクロゾーニングに関わる諸問題を、地盤の観点から検討し、主題図が誤って利用されていることや地盤を微地形で代替することの不合理さを指摘した。また、多摩川低地と金沢低地の沖積層厚と同低地で測定された常時微動の卓越周期との関係を直線で回帰し、その結果からサイスミック・マイクロゾーニングには低地の地形形成史の解析が必要不可欠であることを述べ、よりよいサイスミック・マイクロゾーニングのための手法を提言した。

Journal

  • Nature-people-society:Science and the humanities

    Nature-people-society:Science and the humanities (47), 45-57, 2009-07

    関東学院大学経済学部教養学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006025033
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00104058
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0918807X
  • NDL Article ID
    10409322
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1694
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top