ジャック・ロンドンのロマンティシズム  [in Japanese] Jack London's Romanticism  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ジャック・ロンドンはアメリカ文学史上自然主義に属する作家である。しかし、彼の代表作『野性の呼び声』では、第6章までのリアルで生々しい描写に較べ、最後の第7章では、主人公バックや「伝説的な失なわれた金鉱」について、「幻想的」、「神秘的」な描写が認められる。また、『白い牙』では、逆境、弱肉強食、適者生存などの自然主義的要素が多く見られるものの、やはり最後の部分で、主人公「白い牙」が人間に飼われ、人間に依存するというストーリーの展開になると、「白い牙」と飼い主の愛情溢れる描写が中心となっている。さらに、『海の狼』、『バーニング・デイライト』にも男女の愛情を中心にした部分がある。ロマンティックな面と自然主義的な面が、混然一体となってロンドンの作品は形成されているが、全体的にはロマンティックな色調が優っているという印象を受ける

Journal

  • 関東学院大学文学部紀要

    関東学院大学文学部紀要 (104), 29-42, 2005

    関東学院大学人文学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006025502
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00048092
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0286-1216
  • NDL Article ID
    7806084
  • NDL Call No.
    Z22-853
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top