戦前期における経済的中枢管理機能の集積と土地所有  [in Japanese] Office Location and Landownership in the Central District of Osaka, 1868-1937  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は,戦前における日本経済と土地所有の関連を明らかにする目的で,大阪の都心部を事例に,事業所の立地と土地所有の関係を分析するものである。資料には『日本全国諸会社役員録』を用い,土地台帳の悉皆調査データと固有名詞レベルで照合することにより,実態分析を進める。その結果,東京・大阪の諸企業における土地所有をめぐる行動様式や,それぞれの土地取得の背景が明らかとなる。

Journal

  • Quarterly journal of economics

    Quarterly journal of economics 226, 67-78, 2006-01

    関東学院大学経済研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006025556
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02870924
  • NDL Article ID
    7980942
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-1048
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top