ソーシャルメディアを利用した学習の効果に関する検討 : 「オンライン合同ゼミ」参加者へのインタビュー調査から  [in Japanese] Effect of the Social Media Aided Learning in University : A Study from Interview Survey to Participant of Inter-University On-Line Seminar  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、大学教育の場でSNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用した際、「匿名性」が学生たちのコミュニケーションに与える影響について考察する。学生へのインタビュー調査を行った結果、まず匿名性によって、コミュニケーションにおいて気を遣わなければならない、ということが気にされていることが明らかになった。またネットへの親和性が高い学生の方が、むしろコミュニケーションにやりにくさを指摘していることもわかった。これは、文字中心のコミュニケーションにたいする違和感と考えられる。

Journal

  • 関東学院教養論集

    関東学院教養論集 (23), 23-36, 2013-01

    関東学院大学法学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006025772
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10412453
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0918-8320
  • NDL Article ID
    024289061
  • NDL Call No.
    Z22-1698
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top