漢字形状記憶の損失を防ぐ漢字入力方式  [in Japanese] An Input Method of Chinese Characters for Preventing Character Amnesia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年,日本や中国において,漢字を読むことはできるが書くことができないという,いわゆる漢字健忘(Character Amnesia)が問題となっている.その原因として,漢字の読みを入力して漢字に変換する漢字入力方式が広く使われるようになったことが一般に指摘されている.その他の漢字入力方式として,特に中国において,部首やストロークなどの漢字を構成する形状的要素の組合せを入力する方式が多数研究開発されている.しかしながらこのような方式は,漢字形状を熟知しているユーザにしか使用できないため,すでに漢字健忘に陥っているユーザには使用できず,また漢字健忘の問題をこの入力方式を使用することによって解決することもできない.本論文では,最も普及している漢字の読みを入力する方式を基盤として,漢字健忘の問題を解決する機能を有する新規な漢字入力方式G-IMを提案する.G-IMは,従来の漢字入力方式とは異なり,ときどき漢字の形状に誤りがある漢字を出力する.これにより,ユーザはつねに漢字形状に注意を払うことを強いられるため,漢字形状記憶が強化されることが期待される.ユーザスタディを実施した結果,G-IMは,従来の読みに基づく漢字入力方式や手書きよりも,有意に漢字形状記憶を強化することが確認された.

Character amnesia is a recent phenomenon in which native Chinese or Japanese speakers forget how to write Chinese characters (Kanji in Japanese), but maintain the ability to read them. It is generally believed that the constant use of computers and mobile phones equipped with pronunciation-based Chinese-character input systems is to blame. Particularly in China, several element-based input methods that require users to input radicals of the Chinese characters have been developed. However, these methods are not effective for learning how to write unfamiliar characters. This paper proposes a novel pronunciation-based input method called G-IM. Unlike conventional methods, G-IM sometimes outputs incorrect character shapes, which forces users to pay close attention to the character shapes and thus strengthens retention and recall. Through user studies, we confirmed that G-IM significantly strengthens the retention and recall of character shapes as compared to conventional input methods and writing by hand.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 57(4), 1207-1216, 2016-04-15

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006027372
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    IR  IPSJ 
Page Top