麻雀における相手の和了点数予測法の性能評価  [in Japanese] Machine Learning for Opponent Score Estimation in Mahjong  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本研究では,麻雀における「相手の和了点数予測」という部分問題を対象にその推定精度の向上を試みた.実験では,既存研究と同様にオンライン麻雀サイト「天鳳」の牌譜を学習用に用い,機械学習することで相手の和了点数を予測する.既存研究では比較的単純な重み付き線形和のモデルを使っていたのに対し,我々は特徴量のグルーピングおよび組み合わせによって複雑化されたモデルを推定に使用した.そのグルーピングと組み合わせの制御は局所探索法で自動的に行っている.これらのアプローチで性能が向上する事を確認した.さらに,我々は同じ問題に対して多層ニューラルネットワークによる学習も試みた.その結果,線形和モデルの場合よりも汎化性能が向上する事を確認した.情報処理学会 第35回ゲーム情報学研究会

Journal

  • 研究報告ゲーム情報学(GI)

    研究報告ゲーム情報学(GI) 2016-GI-35(11), 1-8, 2016-03-01

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006223808
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2188-8736
  • Data Source
    IR 
Page Top