トラウマに対する認知行動療法と脳機能に関する文献的研究  [in Japanese] Literature Research on the Cognitive Behavioral Therapy for Trauma and the Brain Function  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

トラウマおよびPTSDに対する治療には、薬物療法とトラウマを焦点とする認知行動療法の有効性が高い。PTSD発症の要因の一つとして脳構造との関係が示されているが、心理療法である認知行動療法の臨床的効果と脳のメカニズムについては、まだ明らかになっていないことも多い。そこで脳機能画像を評価手法に用いた文献の研究を行い、トラウマに焦点をあてた認知行動療法の効果について検討した。現段階では、心理学的評価ほどには脳機能画像の変化は示されていないが、今後の研究によっては脳機能の評価が治療効果を予測するひとつの指標となることが期待される。Cognitive Behavior therapy focused on trauma and medication therapy show high effect on the treatment of trauma and PTSD. One of the factors of PTSD development is related to the cerebral structure. But it doesn't become clear yet about the relationship between the clinical effect of cognitive behavioral therapy and the brain mechanism. We searched the literature that used the brain function image for evaluation, and examined that the effects of the trauma focused cognitive behavioral therapy. Currently, the effects of brain function image are less than the result of psychological evaluation. In future research, what we expect that the brain function assessment to become an index to predict the treatment effect.

Journal

  • 学校危機とメンタルケア

    学校危機とメンタルケア 9, 118-127, 2017-03-31

    大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006224964
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12391002
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1883745X
  • Data Source
    IR 
Page Top