「文末名詞文」における題述関係と形式化  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一 はじめに : 典型的な名詞述語文は、(1)のように包摂関係を表すか、(2)(3)のように一致関係を表すものであることが知られている。 / (1)地球は惑星だ。 (「地球」は範疇「惑星」に属する) / (2)この会社の役員は山田と田中だ。(範疇「この会社の役員」に属する人は「山田と田中」だ) / (3)木下藤吉郎は豊臣秀吉だ。(「木下藤吉郎」は「豊臣秀吉」と同一だ) / このような典型的な名詞文に収まらない名詞文の一つとして、新屋(一九八九)は、「文末名詞文」を提唱した。……

Journal

  • 文学史研究

    文学史研究 (57), 83-101, 2017-03

    大阪市立大学国語国文学研究室文学史研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006240166
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00221255
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0389-9772
  • NDL Article ID
    028125848
  • NDL Call No.
    Z13-1139
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top