カナダの交通のアクセシビリティに関する政策とその運用の仕組み (特集 バリアフリー交通と地震災害)  [in Japanese] Policies and its Operation regarding Transportation Accessibility in Canada  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿ではこれまで先進国と言われてきた欧米の交通のアクセシビリティの状況について、カナダの事例をもとにどのような政策的アプローチ並びに推進体制を取ってきたかを述べる。カナダでは障害者の数は約380万人で、人口の約12%強にあたる。そのうちおよそ220万人が交通機関を利用する上で困難を感じている人(移動制約者)とされており、政府は公共交通機関全般のバリアフリー化とスペシャル・トランスポート・サービス(高齢者・障害者などの個別輸送手段)に取り組んできた。カナダ運輸省を中心として、1970年代の外郭研究機関の設置、障害者の移動ニーズに関する諮問機関の設置、80年代の障害者の生活上の困難を把握したレポートの作成、人権法の制定、さらに90年代の障害者の社会参加に関する5ヵ年戦略などが継続的に取り組まれてきた。その間、研究機関等によるバリアフリー化車両の開発などハード面の取り組みも行われてきた。その後は人権法をベースにしたアプローチで交通のアクセシビリティ向上に成果を挙げてきている。制度面でも障害者が交通機関を利用する上でトラブルがあった場合に苦情申し立てができ、さらに解決しない場合の裁定機関(Canadian Transportation Agency) を設置している。また、交通事業者が規範とするためのアクセシビリティ実現のための実施基準(コード・オブ・プラクティス)を策定し、バリアフリー化を促す取り組みを続けている。まとめとして、本稿ではこの背景に研究・開発、資金供給、法制度の3つが有機的に機能するカナダ・モデルの概念があることを示した。

This paper describes policies and promoting system of transportation accessibility of Western countries through the examples of Canadian approaches. There are more than 3.8 million of disabled people in Canada and about 2.2 million of them are facing difficulty in use of public transportation. The government of Canada has been making efforts to provide accessible transportation and special transportation service for the disabled and elderly through some policies and researches from early 70's. The government made a research institute and an advisory committee for transportation in 70's,a report describing the life of the disabled and settlement of Human Rights Act in 80's and five-year strategies for inclusive society for the disabled in 90's. In the meantime development of hardware of accessible vehicle and some mobility aids have been carried on beside development of policies. After that Canadian approach for making transportation accessible has been strongly developed on the ground of Human Rights Act. At present Canada has a system for resolve the troubles between transportation providers and users by arising users' complaint to providers or public body of judgment named Canadian Transportation Agency. To make public transportation accessible,practice standards titled "Code practice" for all parts of public transportation have also been introduced as adoptive provisions to transportation providers. In conclusion this paper points up a scheme that Canadian advanced activities are based upon the background of triangle model such as Research and development,developing fund and legal system.

Journal

  • Comprehensive urban studies

    Comprehensive urban studies (85), 17-30, 2005-03

    東京都立大学都市研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006240587
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00134354
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03863506
  • NDL Article ID
    7733750
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z6-1179
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top