過疎地域におけるモビリティと公共交通の現状分析 (特集 バリアフリー交通と地震災害)  [in Japanese] Consideration of Mobility and Public Transport in Depopulated Regions  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

市民のモビリティ(移動のしやすさ)をどう保障していくのかは、今日の交通計画における大きな課題である。モータリゼーションが進展し、マイカーによる移動が定着するなかで、地方部や農村部を中心にバス路線の廃止や減便が起きているが、バスの規制緩和により、その傾向はさらに顕著になると考えられる。そのため、自ら自動車を運転できない人々は交通弱者となって、日常生活に必要な移動が十分に保障できなくなってきている。本研究は、まず、過疎地域における地域公共交通(路線バスなど)の供給実態について、路線バスの廃止を受けて代替バスの運行を開始した青森県内2町村の事例を挙げて考察した。また、過疎地域に住む人々のモビリティがどう制約されているのかを自由車の有無に着目して分析した。その結果、自由車を持たない高齢者を中心に外出範囲や外出頻度が制約されている状況にあることが分かった。さらに、こうした外出制約層のモビリティを確保するためには公共交通サービスの持続的な供給が必要であるが、本研究では、具体的なバス事業データをもとに地域公共交通の効率的な供給方策についても検討した。バスやタクシーといった公共交通は、人件費が過半を占める構造になっているため、人件費の削減を中心に効率化を図っている現状が明らかになった。また、スクールバスや患者輸送バスなどとの統合により公共交通全体の効率化を図ることも考えられるが、住民の費用負担や乗務員の連続運転時間などのハードルがあることも分かった。従って、過疎地における公共交通は人件費を中心にしたコスト削減への余地が小さく、低密な人口分布のため、発生交通のパイ自体が小さいことから、不採算からの脱却が極めて困難な状況にある。一方で、自由車のない層は外出が制約されていると推測できるため、公共交通に対する一定程度の補助を自治体が行ない、住民のモビリティをしっかり保障していく戦略が重要になる。

Ensuring citizen's mobility is one of the most important problems of transportation planning. The development of motorization caused the decrease of bus services in depopulated regions. Therefore, the people who cannot drive a car become transportation poor, and their mobility may become decreasing. In this study we considered the reality of public transport in depopulated regions by citing some examples of substitute bus services in Aomori Prefecture. In addition, we analyzed how mobility of the people without their own cars who lived in depopulated regions was limited. As a result, we understood that the elderly without their own car tended to be limited their trip area and frequency. Furthermore, we considered a supply strategy of public transport in depopulation regions by analyzing bus business data. We understand that the increasing of efficiency of public transport was mainly on reduction of an employment cost, that accounted for over a half of operational cost of public transport. In addition, we can develop strategies of public transport to be more effective by effective utilization of a school bus or a patient transportation bus. However, trip generation was small, and it is extremely difficult that public transport gets rid of non-profit in depopulated regions. Therefore, local governments in Japan need bounty for increasing bus services to ensure citizen's mobility.

Journal

  • Comprehensive urban studies

    Comprehensive urban studies (85), 43-55, 2005-03

    東京都立大学都市研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006240589
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00134354
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03863506
  • NDL Article ID
    7733760
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z6-1179
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top