ネットワークインテリジェンスによる災害時支援システムの開発 (特集 バリアフリー交通と地震災害) Developing the Support System by Network Intelligence in Case of Disaster

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

情報インフラは整い、便利になり、そして高度化してきた。その反面、大地震などの災害時には非常に弱い。よって、既存のネットワークに機能を追加し、災害に強いネットワーク構築を行うことが必要である。また、被災状況に応じて避難経路や火災状況など必要な情報を自動的に集めてくる機能も必要である。本稿では、災害時におけるネットワークリンクのダウンを克服するための手法と、状況に応じて必要な情報を自動的に集めてくるための手法の2つを提案することで、ネットワークインテリジェンスを構築し、災害時における避難支援システムを開発する。

Information in infrastructure has been well ordered, convenient, and advanced. However, it is very weak in a time of disaster, such as in great earthquake. Therefore, we need to develop system that is strong in disaster by adding functions to the present network. Depending on the state of disaster, we also need system that gathers informations, when course of refuge, state of fire, and so on. In this paper, we propose on building network intelligence to develop supporting system of sheltering, with two ways of network system. These are, to overcome breaking connection and gathering necessary information in a time of disaster.

収録刊行物

  • 総合都市研究

    総合都市研究 (85), 69-77, 2005-03

    東京都立大学都市研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006240591
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00134354
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03863506
  • NDL 記事登録ID
    7733765
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z6-1179
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ