密集市街地における道路閉塞と避難困難者に関する研究 (特集 バリアフリー交通と地震災害) A Study on Road Blockage and Reduced Mobility People in the High Density of the Residential Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1995年に発生した阪神淡路大震災などの都市型地震災害では、主に木造建築物と狭隘な街路で構成される密集住宅地域において、建物倒壊による道路閉塞が発生しやすい。道路閉塞が多発すると、避難所への到達不能や大幅な迂回の発生などから、避難所までの到達の可能性や距離、時間に多大な影響が発生する恐れがある。そこで本研究は、狭い道路幅員や建物の倒壊が原因で起きる道路閉塞に着目し、それを計算によって確率的に求め、避難困難者の出現率の分析を試みる。街区ごとに人の孤立可能性を見出し、街区人口、60歳以上の高齢者人口、アンケート調査による障害者人口をそれぞれGIS上に出力して道路閉塞確率との関係を視覚的に示し、避難困難者の出現率を求めた。

In a city type earthquake such as the Hanshin-Awaji(Kobe)Earthquake that occurred in 1995, a road blockage by a collapse building occurred easily because of the high density of the residential area chiefly composed of timber buildings and narrow streets. Severe problems might ensue if the blockages frequently prevent people from getting to refuge sights quickly. This research pays attention to the road blockage that occurs because of the collapse of closely constructed buildings onto narrow streets. A statistical calculation of the appearance rate of reduced mobility people was found. The isolation possibility of each block, the block population, the population of senior citizens 60 years or older, and the population of the disabled people by a questionnaire survey were found and output on GIS respectively. The relation to the road blockage probability was shown in the sight, and the appearance rate of the reduced mobility people was requested.

収録刊行物

  • 総合都市研究

    総合都市研究 (85), 85-91, 2005-03

    東京都立大学都市研究センター

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006240593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00134354
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03863506
  • NDL 記事登録ID
    7733771
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z6-1179
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ