「おもしろい」と「おかしい」の意味分析  [in Japanese] A Semantic Analysis of Omoshiroi and Okashii  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

喜びの感情を表す「おもしろい」と「おかしい」を取り上げ、それぞれの語の意味および両語の意味の相違点を記述した。具体的には、まず「おもしろい」に三つの多義的別義を認め、別義1を〈新しい発見に〉〈気持ちが引きつけられる〉〈さま〉、別義2を〈展開が予測できない事柄に〉〈夢中になる〉〈さま〉、別義3を〈思い通りの結果が得られ〉〈気持ちが満たされる〉〈さま〉と記述した。次に「おかしい」に二つの多義的別義を認め、別義1を〈ある物事が通常の状態と異なっていることに〉〈笑いがこみあげてくる〉〈さま〉、別義2を〈ある物事が通常の状態と異なっていることに〉〈正常ではないと感じる〉〈さま〉と記述した。また、これらの記述と先行研究の検討を基に、「おもしろい」はある物事に対する知的な興味を表すプラス評価の語であるのに対し、「おかしい」は興味深いという意味を表さないという点に違いがあることを述べた。

Journal

  • 朝日大学留学生別科紀要

    朝日大学留学生別科紀要 14(14), 13-26, 2017-03

    朝日大学留学生別科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006248960
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12189191
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • NDL Article ID
    028216209
  • NDL Call No.
    Z71-M949
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top