幕末の丹波国馬路村「宗旨御改帳」にみる住民の労働移動の特徴  [in Japanese] Characteristics of labor migrations of inhabitants in Umaji village, Tamba province by analysis of religious faith investigation registers toward the end of Edo period  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,幕末における丹波国桑田郡馬路村の住民の労働移動に関する基礎的な分析を行い,労働移動の位置づけを明らかにする。史料としては宗門人別改帳を利用し,労働移動の行き先,年齢,年限(契約年数),終了後の動向などの点から検討を行った。その結果,馬路村の住民にとっての労働移動は,10~20代の間に経験する帰村を前提とした一時的な転出であることが示唆された。

Journal

  • 地域と環境

    地域と環境 (14), 37-49, 2016-12

    京都大学大学院人間・環境学研究科「地域と環境」研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006305996
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11356174
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1344-0985
  • NDL Article ID
    028214427
  • NDL Call No.
    Z71-B372
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top