原発事故から5年 : 放射能汚染と向き合う時代を考える  [in Japanese] Five years since the Fukushima-1 NPP accident : Wisdom of the period coping with radioactive contamination  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

原発事故から5年が経ったが,原発周辺の汚染地域からは約10万の人々が避難生活を余儀なくされている。講演では,安全神話をかかげた原子力開発がそもそもウサンくさかったこと,福島原発事故は容易に避けることのできた人災であったことを指摘し,放射能汚染に向き合うために必要な基礎知識を説明する。

Journal

  • 技術倫理研究

    技術倫理研究 13, 59-99, 2016

    名古屋工業大学技術倫理研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006309799
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11981204
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-4805
  • NDL Article ID
    027785530
  • NDL Call No.
    Z74-E256
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top