沖縄島北部東海岸におけるサンゴ礁海浜の堆積物粒径とサンゴ礁幅との関係  [in Japanese] Relationship Between Grain Size of Coral Beach and Width of Fringing Reef at East Coast in the Northern Part of Okinawa Island  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,サンゴ礁海浜を構成する堆積物の粒径に与えるサンゴ礁幅の影響を明らかにするために,沖縄島北部東海岸のサンゴ礁幅の異なる海浜を対象として野外調査を行った.その結果,後浜上限付近のサンゴ礫の粒径は,サンゴ礁幅が大きい海浜ほど小さいという関係が認められた.平均海面付近の海浜堆積物の粒径(D50)においても,サンゴ礁幅(W)が大きくなるにしたがって小さくなる傾向が認められ,その関係はD50 = 1.4/W で示された.沖縄島全域を対象とした既往の研究結果を用いて本研究で得られた傾向を比較検討した結果,本研究での傾向は沖縄島の他の海浜においても成立した.

Journal

  • 沖縄地理

    沖縄地理 (15), 47-52, 2015-06

    The Okinawa Geographical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006313275
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10157731
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0916-6084
  • NDL Article ID
    026646271
  • NDL Call No.
    Z8-3436
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top