カウンセリングの質を高めるカウンセラー教育プログラム : "カウンセリングコンピテンス"の概念を考える  [in Japanese] Educational Program to be Effective Counselor : What are 'Counseling Competences'?  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

要約 本論文では、"カウンセリングコンピテンス"という概念を中心として、カウンセラー教育プログラムについて検討を行った。カウンセラー教育において重要な概念となる「科学者−実践家モデル」や、心理臨床実践におけるエビデンスの扱い方についても概説した。本論文のキー概念であるカウンセリングコンプテンスの要因としては、①知識(knowledges)、②素質と経験(senses and experiences)、③人間観(哲学)と態度(veiwof human nature and attitudes)、④スキル(skills)、⑤臨床実践量(practices)の5つを取り上げ、それぞれの要因について詳細な説明を試みた。併せて、これらの要因を「カウンセリングの質」を測るための計算式に表現することも試みた。今後の課題としてはカウンセリングコンピテンスを測定する尺度を作成し、実証していくことが挙げられた。

Journal

  • 作大論集

    作大論集 (7), 67-82, 2017-03

    作新学院大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006318447
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12530583
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2185-7415
  • NDL Article ID
    028326068
  • NDL Call No.
    Z72-D481
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top