自治基本条例の制定要因に関する一考察 : 制度的変化のもたらす影響から A Consideration of Establishment Factor of Basic Ordinance of Local Governance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

地方分権の進展とともに普及が広がった自治基本条例であるが、その制定要因について詳細な分析が行われてきたわけではない。自治基本条例の制定要因について、地方分権に伴う制度的変化から考察したところ、市町村合併に伴う面積の広域化が自治基本条例の制定要因として考えられうることが明らかとなった。さらに、自治基本条例を制定した自治体は、特に非合併の自治体では非自民・非公明の傾向が強いことが明らかとなった。つまり、合併した自治体においては面積の広域化と政治的影響が、非合併の自治体においては政治的影響が大きな意味を持つことになる。これらのことは、合併による面積の広域化により、住民自治を強化する必要性が生じたこと、その一方で自治基本条例を制定するためには、政治的背景が備わっていなければならないことを示唆するものとなっている。The basic ordinance of local governance has been established in many municipalities in Japan along with decentralization. But the factor of establishment has not been analyzed in detail. Through a consideration from the change of the institution of local system, it was found that broadening of municipality's area along with municipals mergers caused establishment of the ordinances.And the electorate living in local governments that established basic ordinance of local governance tends not to vote LDP or New Komeito. So, in the merged municipalities, broadening effect and political factors cause establishment of the basic ordinance of local governance, and in the non- merged municipalities, political factors have meaningful effect for it.These suggest that, broadening of municipalities area caused the necessity to strengthen resident's self-governance, and establishment of basic ordinances of local government needs political factors.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集

    尚美学園大学総合政策論集 (23), 1-23, 2016-12

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006318691
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1349-7049
  • NDL 記事登録ID
    028043515
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ