小学校における自己肯定感を高める教育実践の検討 : 実践研究論文を手がかりとして  [in Japanese] A study of educational practices to enhance children's self-esteem in elementary schools : Through the examination of research papers on practices for higher self-esteem  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

子どもの自己肯定感を高めるための教育実践が行われてきた。しかし,本当に何らかの教育を行うことによって自己肯定感を高めることができるのかについて,これまで詳しく検討されてこなかった。本研究の目的は,自己肯定感を高める教育実践に関する研究を取り上げ,そうした実践がもつ意義と問題点を明らかにすることである。小学校における18 件の教育実践論文を教科・領域等,実践の時間,対象となる学年,抽出される児童等の8 つの視点から分析を行った。分析結果として,①あらゆる教科・領域等で実践されている,②6 年生を対象とした実践が18 件中6 件と多い,③抽出された児童は,必ず自己肯定感が最後には高まっている,④自己肯定感の定義が異なっている,⑤全ての児童に対して効果的な方法という教育実践はない,ことが明らかとなった。

Journal

  • 教育学研究論集

    教育学研究論集 (12), 47-55, 2017-03

    武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻『教育学研究論集』編集委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006319600
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12392151
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2187-7432
  • NDL Article ID
    028139663
  • NDL Call No.
    Z71-Y443
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top