東京・上野地域における商業集積地の空間特性の分析  [in Japanese] Spatial Construction of Commercial Accumulation in the Ueno District, Tokyo  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究は東京都台東区・上野地域を研究対象地域として,商店街を単位とした商業集積地の特性を明らかにしたものである。上野地域には多様な個性を持つ商店街が展開されており,これらの観光資源としての潜在的な価値は大きい。本研究では,位置情報付き施設データである『テレポイントデータ』を用いて商店街単位の業種を集計し,それぞれの商店街の業種構成の特徴を検討した。その結果,上野地域の商店街を「ショッピング型」,「飲み屋街型」,「飲食・サービス型」,「教育・ビジネス型」の4つに分類できた。上野地域における商業集積地は「ショッピング型」の商店街を核として発展しておりこれらの商店街を離れると,観光客があまり利用しない「教育・ビジネス型」の商店街としての性格がより強くなる傾向がみられた。

Journal

  • 観光科学研究 = The international journal of tourism science

    観光科学研究 = The international journal of tourism science (10), 1-8, 2017-03

    首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 観光科学域

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006328038
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12343826
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-4498
  • NDL Article ID
    028157713
  • NDL Call No.
    Z71-Y303
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top