コールハース、ズーキン、そしてベンヤミン : 都市批評の現在的困難を超えて (有末賢教授退職記念号)  [in Japanese] Koolhaas, Zukin and Benjamin : Beyond the Limitations of Contemporary Urban Criticism  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1 都市をめぐる批評的言説の現在2 オーセンティシティ論と本質主義の危うさ3 「つまらなさ」を引き受ける : コールハースとオジェ4 複製的なものとジェネリックなもの5 アウラとオーセンティシティ6 アウラへの両義的なまなざし : ズーキンの可能性7 時間軸の導入によるオーセンティシティの複数化8 時間軸の導入によるジェネリシティの複数化9 ジェネリシティとオーセンティシティの反転有末賢教授退職記念号

Journal

  • 法学研究 = Journal of law, politics and sociology

    法学研究 = Journal of law, politics and sociology 90(1), 149-174, 2017-01

    慶應義塾大学法学研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006329621
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00224504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0389-0538
  • NDL Article ID
    028034485
  • NDL Call No.
    Z2-12
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top