世界文化遺産に登録された遺産の保存・管理・活用 : 日本における世界文化遺産のガバナンスの現場より(その1)  [in Japanese] Works for Protection, Management and Utilization of the Japanese Cultural Properties Inscribed in the World Heritage List: By the Focal Point of Governance for World Cultural Heritage (No. 1)  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

文化庁に設置された世界文化遺産室は、主に世界遺産一覧表への新規記載を目的とした業務の遂行と、既に記載された国内17件の世界文化遺産の保存・管理・活用に関する各種業務を所管している。本稿では、世界文化遺産として登録された日本国内の遺産にかかる業務の概要や、今後対応が求められるべく課題の一端について紹介するものである。

Office for World Cultural Heritage in the Agency for Cultural Affairs has mainly two responsibilities; one is to inscribe the cultural sites in the list of UNESCO World Heritage, and another is to promote and execute the appropriate protection, management and utilization of the inscribed cultural heritages in Japan. The aim of this paper is to describe the general outline of the jobs for the inscribed heritages and the challenging issues to be responded in the future.

Journal

  • 世界遺産学研究

    世界遺産学研究 (4), 63-73, 2017-08

    筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻・世界文化遺産学専攻

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006332030
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2189-4728
  • Data Source
    IR 
Page Top