公務員の法令遵守義務と職務命令服従義務について Compliance with Laws and Regulations and Faithful Observance of the Orders of Superiors of Officials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

公務員には法令遵守義務と職務命令服従義務が課せられている。現在の有力説は職務命令服従義務が優先すべき場合があるとするが、原則として法令遵守義務が優先すべきである。この問題は、最高裁平成24年2 月9 日判決でも決着していない。Officials shall,in the performance of their duties,comply with laws and regulations and faithfully observe the orders of their superiors in the course of their duties. The theory that latter observance shall precede the former compliance in certain cases is accepted more dominantly at present. But I think that the former compliance shall generally precede the latter observance. Although the Supreme Court judged on February 9 2012,this matter has not been settled yet.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集

    尚美学園大学総合政策論集 (24), 83-104, 2017-06

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006343554
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1349-7049
  • NDL 記事登録ID
    028524245
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ