シャーマン・リーとノースカロライナ : もう一つのアジア美術コレクション Sherman Lee in North Carolina : Another Asian Art Collection

Access this Article

Abstract

シャーマン・リーは、1952年から1983年にかけて東洋美術キュレイターとして、クリーヴランド美術館を米国有数のアジア美術コレクションにした美術館人である。彼はそのキャリアの初めから美術館界の人脈に恵まれ、実際の美術品に触れながらトレーニングを受けた。そしてそれがその後の業績に大きな影響を与えた。クリーヴランド引退後、1983年から晩年を過ごしたノースカロライナにおいても、地元の美術館のアジア美術収集に尽力した。本稿は、これらの経緯を検証することにより、米国におけるアジア美術受容の広がりと変遷の一端を明らかにするものである。

Journal

  • Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University

    Bulletin of Institute for Education and Student Services, Okayama University 1, 29-42, 2016-12-30

    岡山大学全学教育・ 学生支援機構

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006348268
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2432-9665
  • Data Source
    IR 
Page Top