吉林省集安市発見の高句麗碑について  [in Japanese] An Introduction to the Newly Discovered Stele for Koguryo's King in Jian, China  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

二〇一二年七月に発見された集安高句麗碑は、広開土王碑・中原高句麗碑につぐ、高句麗時代の数少ない金石文として話題を集めた。最近、正式な報告書である『集安高句麗碑』が刊行され、日本でも入手できるようになったのをきっかけに、同書の概要を紹介しつつ、この碑文について検討を加えたのが、小論である。集安高句麗碑は、広開土王碑と関係が深く、時期的にも近いものと考えられるが、高句麗王陵の守墓制度が故国壤王やその子の広開土王の時代に整備されたことをうかがう格好の史料である。

Journal

  • 皇學館大学紀要 = Bulletin of Kogakkan University

    皇學館大学紀要 = Bulletin of Kogakkan University 53, 1-32, 2015-03

    皇學館大学文学部 ; 2009-

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006353681
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12407226
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-6984
  • NDL Article ID
    026275905
  • NDL Call No.
    Z22-157
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top