匈奴の建造物・住居  [in Japanese] Buildings in Xiongnu Empire  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

遊牧国家を建設した匈奴の領域では,遊牧生活的ではない定住的な城郭や集落が形成された。本稿では,匈奴国家の実態を探ることを目的に,それらの構成要素である建造物を取り上げ,その内容を示し,それらが匈奴国家に導入された系譜を明らかにすることを目的とした。 匈奴の建造物は,平地式と竪穴式の二種に区分された。平地式については瓦の使用などから漢代中国建築の影響が強いが,一部に西方の中央アジアの影響がうかがえることを指摘した。また竪穴式については,中心部ではなく中国の北辺からの影響を想定した。また,中国からの技術導入,中央アジアとの関連については,歴史史料にも,関連する記述があることを確認した。また,このような技術導入は,匈奴国家が,国家経営上,組織的意図的に実施した可能性が高いことを指摘した。論文Article

Journal

  • 札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (102), 31-51, 2017-10

    札幌学院大学総合研究所 = Research Institute of Sapporo Gakuin University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006364738
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1009127X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0916-3166
  • NDL Article ID
    028926602
  • NDL Call No.
    Z22-635
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top