「ひきこもり」概念の成立過程について : 不登校との関係を中心に  [in Japanese] The constructing process of the concept "hikikomori"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

 本稿では,わが国における「ひきこもり」という概念の成立過程について,先行する問題である「不登校」との関係を中心に検討することを目的とする。「不登校」は1950年代後半に注目を集め,1980年代に入って爆発的な増加を示した。その後,1992年に文部省が不登校が「誰にでも起こり得る」という認識を示した結果,社会の不登校に対する容認的な態度が増していくが,成人期までに引き延ばされた不登校の問題が「不登校その後」として浮上していった。 1990年代後半になって,この問題は「ひきこもり」と呼ばれるようになるが,その後,疫学的調査が行われていく中で,行動上の問題として定義し直されていった。論文Article

Journal

  • 札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (102), 111-135, 2017-10

    札幌学院大学総合研究所 = Research Institute of Sapporo Gakuin University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006364742
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1009127X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0916-3166
  • NDL Article ID
    028926671
  • NDL Call No.
    Z22-635
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top