黒板に代わるICTツールの一考察 A Consideration of an ICT Tool for Chalk and Talk Lectures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

学生の数理的思考を促し,演繹・帰納を通じて一定の技術を体得させるには,板書に併せた講述が効果的と考えられる。一方でプロジェクタなどの視覚装置を用いて画像・図面などを提示する教育効果も極めて大きい。本稿ではこれらの折衷案として,ICT ツールを用いて手書きと視聴覚コンテンツ両方の提示を実現する,安価な一つの方法を提案する。遠隔講義や大人数講義での実使用を通して明らかになってきた可能性と問題点について述べる。Many teachers notice that it is important to represent abstract images, development of equations, and summaries on a blackboard in lectures for promotion of students' understanding. On the other hand, visual aids are also effective since figures and pictures encourage intuitive comprehension. We report new possibilities and problems with this tool through experience of operations in several lectures including remote lectures and massive classrooms.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル (14), 62-68, 2017-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006367188
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-1256
  • NDL 記事登録ID
    028104488
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ