古仁屋方言の名詞述語否定形式アラン・ジャネンとその派生用法  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

方言記述現代古仁屋方言(鹿児島県大島郡瀬戸内町)では、名詞・形容動詞述語の否定形として「〜(ヤ)アラン」と「〜ジャネン・ヤネン」の2 種類を用いる。本稿は、このアランとジャネン・ヤネンの違いを明らかにした。具体的には次の点を指摘した。(a)アランとジャネン・ヤネンは名詞・形容動詞述語の否定形に用いられ、この点で2 形式に違いはない。なお形容詞述語の否定形にはネンが、動詞の否定形には「ン」が用いられる。(b)否定疑問文では、原則として述語否定形式が用いられており、ここでもアランとジャネンに違いはない。(c)確認要求用法では、述語の言い切り形にアランを続ける形が用いられ、これをジャネンに置き換えることはできない。またこの場合、動詞・形容詞述語にもアランが現れる。(d)アランは、標準語の「違う」のように、相手の発話を否定する場合にも用いられる。また、ジャネンに含まれるネンは〈非存在〉を表す述語として用いられる。

Journal

  • 阪大社会言語学研究ノート

    阪大社会言語学研究ノート (15), 72-86, 2017-11

    大阪大学大学院文学研究科社会言語学研究室

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006370914
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11555159
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Data Source
    IR 
Page Top