Some Answers to Questions Regarding Neerlands Streven (1867) : A study of Dutch diplomacy towards Japan at the end of the Tokugawa Era

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は、幕末期のオランダ対日外交政策を扱う当時オランダ語で出版された唯一の史料集ファン・デル・シェイス著『オランダ日本開国論』に焦点を定め、同書出版に生じた不可思議な出来事を、著者の経歴、出版を請け負ったオランダ王立言語学地理学民族学研究所(KITLV)の雑誌、同研究所所有のシェイス手書清書、そこに挟まっていて偶然発見された著者書簡、東京大学史料編纂所所有の同書手書草稿マイクロフィルム中に発見され、出版の際削除された目次等の一次史料を渉猟しつつ、その真相に迫ることで、この事件を幕末期のオランダ対日外交政策の一環と位置付ける。

Journal

  • 天理大学学報 = Tenri University journal

    天理大学学報 = Tenri University journal 69(1), 43-56, 2017-10

    天理大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006374898
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00154657
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-4311
  • NDL Article ID
    028655494
  • NDL Call No.
    Z22-369
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top