家畜福祉総合評価法と家畜の健康・生産性との関係 (特集 家畜の健康と福祉)  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

家畜福祉を評価するために、EUを中心に総合評価法が発表され実用化されている。また国内でも、2006年度に長野県家畜保健衛生所が「家畜にも人にも優しい信州コンフォート畜産認定基準」を発表し、今後農水省も家畜種別の飼育管理基準を作成することになっている。なお、EUを中心とした総合福祉評価法は、本特集の別のぺージをご覧いただきたい。本稿では、家畜の健康・生産性に関してこれまで研究報告のある、総合福祉評価法の代表的なANI法、RSPCAの評価基準に注目する。

Journal

  • Sustainable livestock production and human welfare

    Sustainable livestock production and human welfare 62(1), 41-43, 2008-01

    養賢堂

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006390318
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0014151X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    00093874
  • NDL Article ID
    9323883
  • NDL Source Classification
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z18-530
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top