トランスジェンダー青年が抱く性別違和感の思春期・青年期における変容過程 : 複線径路・等至性モデル(TEM)による分析 The Process of Experiencing in Trans Men Youth with the Feeling of Gender : Dysphoria: Analysis of the Trajectory Equifinality Model(TEM)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では,トランスジェンダー青年が,思春期・青年期の発達過程においてどのような行為や心情を経験し,自らの生き方をどのように模索するのかを複線径路・等至性モデル(TEM)を用い質的に分析した。4 名の研究参加者がサポート・グループで語った内容から作成したTEM 図を基に分析したところ,①「自分らしさ」を模索する過程で自己を過剰抑制して自傷行為等に及び,②「性同一性障害(性別違和)」という用語を知って自らの性別違和感を理解し,③サポート・グループに参加することで他者と類似した経験を語り合えることの安心感を得て,④高校に進学することを選択し,⑤ジェンダークリニックを受診し,⑥大学・専門学校に進学することを選択していた。それらの経験に至る径路は多様であり,親や教師の理解が得られるかどうか,診断を受けて治療を開始できるかどうかが,トランスジェンダー青年が思春期・青年期を生きる上で重要な岐路となることが示唆された。Using the Trajectory Equifinality Model (TEM), this study has conducted that transmen youth experienced what kind of act and feelings in adolescence and groped for how I should live. The TEM was created based on the narratives of four transmen who participates in the support group. As the results, six important points were clear: for example, knowing the word"Gender Identity Disorder / Gender Dysphoria," finding the support group that can talk about oneself in peace, and having parents and teachers understand oneself. Their aspects were the complex and diversity of life.

収録刊行物

  • 沖縄大学人文学部紀要

    沖縄大学人文学部紀要 (20), 1-16, 2018-01

    沖縄大学人文学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006399685
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11463389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1345-8523
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ