岡山大学教育学部家政教育講座における「中等家庭科内容論」の実践と「教科内容構成力」の育成 : 教科教育と教科内容の統合を目指す家庭科カリキュラム構築の試み (特集 教科内容構成による小・中学校の教育改善と教員養成改革) Examination of "Skills of Subject Contents Organization" in Practice of "Studies in the Subject Matter of Home Economics Education" in the Home economics Education Course, Faculty of Education Okayama University : A Preliminary Research to Develop a Home Economics Curriculum, which Aims to Integrate Academic Subjects Education and Subject Content Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

岡山大学教育学部家政教育講座では,教科教育と教科内容の統合を目指す教員養成家庭科カリキュラムを構築し,平成22 年度から実践してきた。本報告では,平成26 年度から検討を開始した家庭科カリキュラムにおける「教科内容構成力」育成の取組と,平成27・28年度に実施した「中等家庭科内容論」の授業内容と「教科内容構成力」の育成について検討した。

収録刊行物

  • 研究集録

    研究集録 (167), 61-77, 2018

    岡山大学大学院教育学研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006401584
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12338258
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL 記事登録ID
    028898041
  • NDL 請求記号
    Z22-269
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ