武蔵学園構内におけるホンドタヌキの生息状況~"守衛さん"の巡回による目撃情報と痕跡調査に基づく2016 年度の記録と過去の聞き取り調査~  [in Japanese] A survey of Raccoon Dog on the Musashi Academy campus, Tokyo; based on witness information by security guards, using Field signs in 2016.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2016 年5 月~2017 年9 月に武蔵学園(東京都練馬区)に生息するホンドタヌキの調査を行った。目撃情報から1 頭~2 頭の成獣と4 頭の幼獣が確認され,側溝に接続する排水管をねぐらとしている可能性が高いことが示唆された。聞き取り調査から少なくとも1999年頃には生息していたこと,7.8ha という狭い敷地においても複数年に渡って繁殖をしていることから,武蔵学園は都市のタヌキの生息と繁殖場になっていると考えられた。加えて,練馬区での過去8 年間のロードキルの件数の変化を調べ,学校周辺でのタヌキの生息状況について考察した。

Journal

  • 武蔵高等学校中学校紀要「The Musashi Bulletin -Musashi High School and Junior High School - 」

    武蔵高等学校中学校紀要「The Musashi Bulletin -Musashi High School and Junior High School - 」 (2), 33-80, 2017-12-28

    武蔵高等学校中学校

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006415110
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2432-4620
  • Data Source
    IR 
Page Top